☆点検の種類について

クレーン作業前の日常点検

上限リミットが正常に利くか。

押釦スイッチが表示通りに動くか。

横行、走行のレールの状態、不具合がないか。

ワイヤーロープの変形、素線切れなどないか。

フック、吊り具に変形などないか。

操作時、異音などないか。

など

 

 

 

一ヶ月に一回の自主月例点検

上限リミットが正常に利くか。

押釦スイッチが表示通りに動くか。

横行、走行のレールの状態、不具合がないか。

ワイヤーロープの変形、素線切れなどないか。

フック、吊り具に変形などないか。

操作時、異音などないか。

 

 

プラス、電気系統の異音、緩み、摩耗、絶縁の状態など

ケーブル類の劣化、傷などないか。

 

 

 

 

年に1度の年次点検

上記の点検プラス、定格荷重の検査

定格荷重を吊って、異音、ブレーキのスベりはないか。

ブレーキ部、分解点検、ライニングなど摩耗がないか。

 

※自主点検の記録は3年間の保存が義務づけられています。

大切に保管して下さい。

 

 

 

3t以上のクレーンは2年に1度公的な検査機関で検査を受けなければなりません。

 

性能検査と言います。

定格荷重を吊り各部を検査します。

 

 

 

 

月例点検、年次点検、性能検査、御見積致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。